ひと夏のいい恋を沖縄で過ごす

異性同士の距離感のむずかしさ

異性との距離感をつかみづらかったりして、恋愛にも奥手になりがちな男女は沢山いると思います。

恋愛にも奥手

異性との距離感は同性と比べると微妙なもので、異性の友人やカップルで付き合っているときは、気の使い方も違ってくるでしょう。

ですが、共通しているのは戸惑いや不安がありながらもお互いに近づいてみたいという気持ちであり、それは憧れの人が対象であるならばより分かりやすい形で表れてきます。

たとえば芸能人などファンも多い異性に対しては、握手会やサイン会などの、その人を身近に感じられるイベントに出かけて、距離感が縮まったと思える感覚を味わいたいのではないでしょうか。

すでにカップルや夫婦として結ばれている男女でも、その距離感を維持するために無意識的に最適な距離を摂っているかと思われます。

四六時中一緒にいてもそのうちにお互いが嫌になってくることもあるし、好きな気持ちを維持するためには時にはいったん離れてみるのも大事なことなのです。

カレーを食べて元気になろう

夏の定番の食事といえば、カレーではないでしょうか。

サマーキャンプに行ったときや、海の近くなんかでも、カレーが合いますね。

カレー

夏にはなぜかカレーが美味しく感じるのは、汗をかくことで身体が濃い味を求めているからでしょうか。

カレーを食べれば夏バテなんか吹きとぶ

カレーは夏の元気を回復させるだけではなく、性欲アップなんかにも有効らしいですね。

アダルト動画を見ているよりも、実はカレーを食べていたほうがすっきりしたりもします。

自分もカレーにはこだわる方ですから、お気に入りのカレーを探しに世田谷辺りのインド料理店を回っています。

カレー店の雰囲気が、これまた濃くて非日常的な感じがしていいんですよね。私が先日注文したカレーはそんなに辛くはありませんでしたが、また食べたいと思える美味しさでした。

私も色んなカレーを試してきましたが、やっぱり一番好きなのは昔から親しんできたバーモントカレーです。

くぐり椅子とゴールドチェア!ソープで遊べ

ラブホテルなどに置いてあるスケベ椅子にも色々ありますが、ソープでは凸字型の椅子だったりします。

男の象徴様を洗ってもらうと恥ずかしさを感じる一方で、リアル生活ではなかなか味わえない体験を感じる事ができますね。

スケベ椅子

例えるならば、王様になってる気持ちになる事ができます。

女性は自分の物ではないものの、ソープ規定時間内では自分の女性だという疑似体験が魅力です。

高級な沖縄のソープでは、座高がさらに高くなっている、くぐり椅子が存在しております。

くぐり椅子は嬢が抜ける事ができて、そこから男の象徴様をペロペロと舐める事が可能となっております。

舐められる事が好きな男性ならば、これは病みつきになりますでしょう。

さらに、ゴールドチェアという椅子は整体に使われるマッサージの寝台の下部が二股に別れています。

別れたこの部分には姫が跨って、あなたに奉仕をしてくれますよ。

男の象徴を洗ってもらうだけならば、意外と敷居は高くないかもしれません。

マンネリ化してしまうと快楽を感じなくなる

マンネリ化した普通のプレイに飽きた人は、くぐり椅子とゴールドチェアで気持ちよくなるためにも沖縄のソープへ足を運んでみても良いでしょう。

やはり、色んなプレイを楽しむ事が醍醐味です。

あまりそそられない行為だと感じても、実際に体感してみると自分のツボに嵌るかもしれませんからね。

興味がありましたら、やってみましょう。